So-net無料ブログ作成
検索選択

電車の中----1-:鄭容順

電車の中のたしなみである。

今日は午前11時過ぎに近鉄奈良駅から難波行快速急行に乗った。
土曜日で始発の奈良からはすいていたが新大宮で騒がしく高校生や若い女性が乗ってきた。1番後ろの車両だったが男子高校生たちは誰も座らなかった。1人か2人は座っていたかもしれない。
筆者の隣に座った10代の女性、乗ったとたん、鞄からリップ口紅取り出した。
電車の中で塗ることは悪いとは分かっているらしい。
周りの様子を伺っている。私はまた下を向いて本を読み出したらリップ口紅を塗りだした。即座に注意をした。
「電車の中でリップ口紅を塗るのはやめとき。リップ口紅でもそういうことは見苦しい。身だしなみトイレでするもの」と言ったらすっと鞄の中にリップ口紅をしまいこんだ。彼女は大和西大寺で降りた。
そして筆者はまた下を向いて本を読んだ。
ふと前の座席を見ると大きい鏡を出して化粧している。睫にマスカラをぬっていた。まだあやめ池を過ぎたばかりで電車の中は土曜日とあってすいている。
筆者は本から顔を上げて言った。
「ちょっと、ちょっと」と言っても知らん顔して睫にマスカラを塗りながら鏡を横にずらして筆者の顔を見ている。
筆者は「電車の中の化粧はやめとき。不細工な。電車の中で化粧することが見苦しくて不細工なんやで」と言っても知らん顔して化粧している。
隣に夫婦が筆者の声に化粧している20代前後の女性を見て男性は「アハハ」と笑い女性は筆者のほうを見て頷きながらにっこり笑ってくれた。
それでもやめない。
筆者は「なんならこのことをどこかに書きます」と言ってメモノートを出してメモをした。カメラを鞄から出して足元を撮影した(顔は写せない)
それでやっと化粧をやめて化粧道具を鞄の中に入れた。
彼女は日本橋で降りた。

現場取材を終えての帰りことである。南海線の堺東から難波行に6時8分の急行に乗った。
天下茶屋で座席が空いた。筆者は座った。中学教師と難波まで一緒だった。中学教師の隣で立ったまま鏡を見ている。口紅を取り出してぬっている。
もうすこし難波までがまんして難波の駅のトイレに入ってぬれば品のある女性で美人と見たのにその仕草で美人の品格が吹き飛んだ。
中学教師に言った。
「電車の中の化粧シリーズが書けるほどです。見苦しい女性の電車の中の化粧が多くなった」と言った。教師の隣で化粧していた女性は聞こえていたのだろう。とっさにやめて鏡を鞄の中に入れた。
それだったら初めからやりなさんな。と言いたいが黙った。
だんだんエスカレートする電車の中の化粧。「まわりに何も迷惑をかけていない」と誰かがのたまっていたが公共機関の電車の中で化粧をしているのは誰も見たくないのである。秩序の乱れに唖然としている。
見たくないものを見せ付けられて迷惑をしている。
これが迷惑であることを考えてもらいたい。そんなはしたない行為は決して見たくない。見たくない公害を電車の中で撒き散らしていることに気がついてもらいたい。
【写真】化粧していた女性の足元、大分カットして掲載。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Ima

電車の中、おもしろいです。
ぜひともずっと続けてください。
この記事がある程度あつまれば、間違いなく、現在の社会の一断面が
見事に見えてくると思います。それにしても、電車内の破廉恥に果敢に切り込む鄭さんがすごい。本にしてください。ぜったい売れます。
by Ima (2008-06-17 07:23) 

sarada

能力はないのですが、つい公害を撒き散らしている人が目についてしょうがない。それに先日琵琶湖半の帰りの電車で友人の言葉にあきれてしまって「あんたらがこんな子どもをつくったんやか」と抗議していました。しかしもう1人の1番仲のいい友人が半分泣きそうになって悲しそうな顔で「だまっとき。だまっとき。今時の若い子は怖いから」となだめる彼女の悲しそうな顔に思わず黙ってしまいました。
タイトルを「電車の中・街の中」にします。
というのは街の中でも高齢者の人もルールをまもらない自己中心が目立ってきています。今日もバス停の高齢者そしてJR大和路は化粧している若い女性がすわっていたところ(降りた後で)写真にとりました。
時間があいたときに書いてセットアップしていきます。
今、大阪府の予算削減で在日韓国人社会にも波及しそうでその現場を追いかけたているのでこのごろ待ったなしの生活です。
時間が空いたときに書き入れていきます。まだまだ能力不足ですがコメントに励まされてできる範囲でしていきます。ありがとうございます。チョン

by sarada (2008-06-17 18:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。